司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

2016年12月19日
法科大学院協会

 法科大学院協会では、司法試験考査委員による不適切行為が認められた場合、速やかに事実関係を把握し、同種事案の再発防止を図るため、下記のとおり、苦情通報窓口を設置しました。
 この苦情通報窓口は、当協会が本年6月21日付でとりまとめた「司法試験問題漏えい再発防止策について」(Ⅱ(3)2.)にもとづくものです。

<通報要領>
1 提出先
(1)電子メールによる提出

メールアドレス shihou-tsuho * ab.inbox.ne.jp
(上記「 * 」を半角の@に置き換えて下さい)

(2)郵送による提出

※封書で送付願います。
〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町3-9-10 公益社団法人商事法務研究会 内
法科大学院協会事務局「苦情通報窓口」宛

2 提出に当たっての留意事項
・ 日本語で提出して下さい。
・ 通報については、匿名・記名を問いません。もっとも、通報を頂いた際には、協会からご質問をさせて頂くことがありえますので、差し支えない場合には、ご氏名、連絡先の他、職業などのバックグラウンドに関する事項をご記入願います。

3 提出頂いた通報内容の取扱い
・ 提出頂いた通報内容につきましては、個人情報の保護に留意します。当協会は、通報があったときは、当該通報に係る考査委員が所属する法科大学院に対してその旨を通知します。通報に対して個々の回答は致しかねますので、予めご了解願います。

「プレスリリース一覧」に戻る